自動車を購入した(譲り受けた)際にかかる自動車取得税についてまとめました。 役立つ情報もあるかも?

自動車取得税とは、売買などで取得価額が50万円以上の自動車を取得した人に課せられる税金のことで、都道府県に納める地方税です。
原則は申告書に、税額に相当する収入印紙を貼付する方法で納税します。
相続による自動車の取得や、国、都道府県、市町村が購入する車に関しては、非課税となります。
身体障害者が取得する車や、身体障害者の通院用の車については、減免を行っている都道府県が多いので、各都道府県税事務所へ問い合わせてください。

自動車取得税の課税について
自動車取得税は都道府県に申告納税する地方税です。
出展:新車や中古車の自動車取得税
中古の自動車の場合は50万円以下のものもありますが(中古車の場合は残価率によって決まります)、新車を購入した場合は確実に50万円を超えますので、納税することになります。
取得価額の5パーセントが課税されます。
ただし購入者が自分で申告納税することはあまりありません。
ほとんどの場合、販売店が購入見積もりに含めて申告と支払いを全てやってくれます。

自動車を譲り受けた際などは陸運支局で名義変更の手続きをすることになりますが、その場合は自動車の価値に応じて(車種や登録時からの年数によって決まっています)自動車取得税が課税される場合があります。

自動車取得税は、自動車や軽自動車を買ったときに支払うことになる税金のことです。
税率は新車と中古車で異なり、中古車の場合は車の年式と経過年数によって税率が変わります。
新車を買ったときは、まず取得価額を算出します。
取得価額とは課税標準基準額と付加物の価額を足した額のことです。
課税標準基準額は、財団法人地方財務協会が発行する自動車取得税の課税標準基準額及び税額一覧表に記載されています。
自動車の新車価格からおおよその値引き額を引いた金額で、希望販売価格の9割ほどが目安です。
付加物の価額とは、車を買ったときにオプション装備としてつけたカーナビやカーステレオの金額のことです。
ボルトで固定されたカー用品が対象となるため、固定の必要がない標準工具やフロアマット、スペアタイヤなどは含みません。
新車の場合は取得価額の3%が自動車取得税となります。
電気自動車やハイブリットカーなどの低公害車の場合は、課税率が引き下げられる場合があるので必ず確認するようにしましょう。
また、障害者向け自動車は要件を満たしていれば減免される可能性があります。
購入時に装着したオプションは取得価額とみなされ、税金の対象になりますが、逆に言うと購入した後に取り付けるのであれば取得価額に含まれないため、後付けすると少しだけ節税になる場合があります。
逆に納車時に取り付けられていなくても、注文書や契約書に記載があれば取得価額の一部とみなされて税金の対象になるので注意しましょう。
中古自動車を購入した場合も、取得価額をまず算出することになります。
中古車の場合は課税標準基準額に残価率をかけることで取得価額を計算します。
残価率とは総務省が公表しているもので、自動車の経過年数から算出された掛け率のことです。
新車の状態を1.0として、年数が経つごとに徐々に下がっていきます。
中古車も取得価額の3%が自動車取得税となりますが、取得価額が50万円以下の場合は課税されません。
中古車の場合も、低公害車の場合は税率が引き下げられる特例措置が設けられている他、障害者向けの自動車については要件を満たせば減免されることがあります。

2018年4月6日

カテゴリー : 自動車, 自動車取得税

車検を行う際、必要不可欠な書類は色々ありますが、納税証明書を失くしてしまったという事態に陥る人は少なくないと言えます。
この場合、もし車検に合格しても納税証明書を失くしたままの状態では新しい車検証を交付してもらう事ができません。
しかし、自動車税を問題なく納付しているのであれば、納税証明書は再発行してもらうことが可能です。
ご自身が住んでいる都道府県の税事務所などに行けば再発行してもらえる他、所有している車が軽自動車の場合は市役所などの納税課でも再発行を受け付けています。
再発行の手続きに必要な書類は自治体によって異なってくるので、事前に問い合わせておくと手続きもスムーズにできるでしょう。
一般的に再発行に必要なのは印鑑と車検証のみですが、少なくても車検証の提出は求められますので、それは必ず用意しておきましょう。
尚、納税証明書を再発行する際、委任状を書けば車の販売店などに代行してもらう事もできます。
代行手数料はかかりますが、忙しくて手続きする時間がない方や手続き自体が面倒だという人にはおすすめの方法でしょう。
一方、納税証明書を失くしたままの状態で車検の満了日が過ぎてしまった場合は、当たり前の事ではありますが、その車を運転する事は不可能になってしまいます。
再び運転できるようにするには、納税証明書を再発行してもらってから車検を受けなければなりません。
その際、車をけん引して車検をしてもらう場所まで移動させるか、仮のナンバーを取得し直す必要があり、手間がかかってしまいますので車検を受ける際は時間に余裕を持って受ける事が重要です。
他にも中古車を購入したという方は注意が必要です。
以前は中古車を購入した場合、納税証明書も付いてくるのが一般的でしたが、最近では個人情報の漏洩防止という観点から、納税証明書が付いてこないケースがほとんどになっています。
自動車税の納税が義務づけられるのは、毎年4月1日現在での所有者と決まっています。
そのため、中古車を購入した場合、前の所有者が自動車税を納めていた車を車検しなければならない場合があります。
もし納税証明書がないのであれば、納税義務なしという納税証明書が必要になりますが、この書類は通常の納税証明書と同様の手続きで再発行してもらえます。
無用なトラブルを避けるためにも中古車を購入する際は販売店、また個人対個人などで売買する時は前の所有者に必ず確認しておきましょう。

2018年5月1日

カテゴリー : 自動車, 自動車税

車離れ、特に若者に多くなっていると言われていますが、自動車を購入した時にかかる様々な税金のうちの一つ、自動車取得税は、50万円以上の自動車を購入した時にかかる税金です。
購入時の金額と言っても、スペアタイヤや工具などはこの金額に含まれないことは知っていましたが、逆にカーコンポやエアコンなどが含まれるということは知りませんでした。
高額な買い物である新車の購入時にかかるこの自動車取得税が廃止されたとしても、車離れに歯止めがかかるとは思えませんし、低価格車や中古車で50万円未満の車両となると、その質はやはり落ちるものと思われます。

自動車にまつわる安全をキープしていくためにも、こういった税は必要な存在となっています。
また、交通安全を向上させていくような動きにも活用されています。
ドライバーひとりひとりが健全なカーライフを送ることができるようにもなっているのです。
それから、若い人たちへ自動車取得税の知識を広めていくような活動も大事になってきているのです。

2018年4月6日

カテゴリー : 自動車, 自動車取得税

初めて車を購入する時は、自動車の価格ばかりを注目しがちですが、税金がどれくらいなのかもきちんとチェックしなければなりません。
せっかくお金を貯めて車を買っても、維持費や税金の工面に頭を悩ませるようでは、自動車の楽しみを大きく損なってしまいます。
初心者が特に分かりにくいのは自動車取得税です。
50万円を超える自動車を取得するとこの税金が発生します。税額は様々な基準から算定されますが、複雑なので購入する時のディーラーによく質問すると良いです。

意外と知らない自動車取得税
自動車取得税とは、各都道府県が、取得価格が50万円を超える自動車の取得に対して、その取得者に対して課す地方税で、車種やグレードなどにより定められた基準額に新車時からの経過年数に応じた残価率を乗じた金額です。 中古車を購入する際には、納税が不必要な場合もありますので注意が必要です。 特に軽自動車はもともとの基準額が低いですので、納税義務が発生しないことが多いですので、見積もりに不安が生じた際には、都道府県税事務所に車種やグレード、仕様や年式を伝えることで確認できます。

2018年4月6日

カテゴリー : 自動車, 自動車取得税

自動車を取得すると自動車取得税というものがかかってきます。 数百万の車ですから計算する数万円というけっこうな額になります。 新車で買う場合と中古車で買う場合によって、それも変わってきます。 一方、課税されない場合や減税される場合もあります。 取得価額が50万円以下の車は課税されません。 また相続により取得した場合も課税はなしです。 そして、電気自動車やハイブリッドカーは、課税の利率が引き下げられています。 環境にも優しいので乗る人が増えればCO2削減につながります。 また、障害者が利用する場合も要件に該当すれば減免されます。 車の購入時に取得税を考えて買わないですが様々な特例措置もある事を知っておきたいです。

自動車取得税は、自動車を取得しその金額が50万円を超える場合に、都道府県が取得者に対して課す地方税の名称です。 従って、取得額が50万円未満の場合には非課税となります。 この際の取得額については、特定の計算式によって算出されるという特徴があります。 具体的には「新車価格×0.9×残価率」によって算出されます。 この内残価率については、車の年数経過によってその年数が変わります。 1年経過から半年毎に数値が小さくなり、軽自動車で4年・普通車で6年経過後は最少の0.1で計算する事になります。 従って上記の年数が経過した車両については、余程の高級車を除いては非課税の対象であると考えて差し支えないと言えます。

2018年4月6日

カテゴリー : 自動車, 自動車取得税

自動車取得税とは、取得価格を基準として税額を計算します。
しかし、場合によっては納税義務が生じないケースがあります。
例えば、軽自動車は基準額が低く、新古車であっても残価率0.562が適用されます。
もし、中古車販売店で新古車を購入する場合は自動車取得税が適正に計算されているか確かめる必要があります。
計算方法がよく分からない場合は、都道府県税事務所に車種・グレード・年式を伝えると自動車取得税が課税されるか知ることが出来ます。
基本的には、1台の取得に対して1度限りの課税です。

自動車取得税は、都道府県が徴収をする地方税に当たり、取得価格が50万円以上の普通乗用車に対して課税がなされ、税率は本則として3%ですが、2%の特例税率が上乗せをされているので、事実上は5%の税率になります。

中古自動車を購入した場合も、取得価額をまず算出することになります。
中古車の場合は課税標準基準額に残価率をかけることで取得価額を計算します。
残価率とは総務省が公表しているもので、自動車の経過年数から算出された掛け率のことです。
新車の状態を1.0として、年数が経つごとに徐々に下がっていきます。
中古車も取得価額の3%が自動車取得税となりますが、取得価額が50万円以下の場合は課税されません。
中古車の場合も、低公害車の場合は税率が引き下げられる特例措置が設けられている他、障害者向けの自動車については要件を満たせば減免されることがあります。
家族間で所有権を移動させる場合、相続なら自動車取得税はかかりませんが、譲渡の場合は仮に金銭取引がなくとも原則として課税されることになるので、しっかり把握しておくことが大切です。
自動車取得税は都道府県に納めます。
ディーラーや中古車販売店で購入する場合は、申告と支払いを代行してくれることがほとんどです。
個 人売買や家族間譲渡などの場合は、運輸支局内にある税事務所で納めることになります。

また、自動車取得税の問題点としてしばしば挙げられるのが、消費税や自動車重量税との2重課税の問題です。

2018年4月6日

カテゴリー : 自動車, 自動車取得税


Copyright © 2013-2018 [自動車取得税の123] All Rights Reserved.