自動車を購入した(譲り受けた)際にかかる自動車取得税についてまとめました。 役立つ情報もあるかも?

車は何かと便利な移動手段として人気ですが、最近の傾向だと自己保有だけではなく様々な車のレンタルサービスがあり活用できます。
この車のレンタルサービスですが一般的なものとしてまずレンタカーが挙げられるでしょう。
しかし最近ではカーシェアリング形式のものも増えてきており、利用の際には色々なメリットがあるのでこちらもおすすめです。

カーシェアリングのメリット

カーシェアリングの方式には色々なものがあるのですが、大体が月会費を支払う仕組みになっています。
この月会費はレンタカーサービスでは不要なことが多いのですが、その分カーシェアリングでは時間あたりの料金が安くなっているのが最大のメリットでしょう。
これに加えてカーシェアリングは短時間での利用も可能なので、レンタカーよりも柔軟に車を借りることができます。
レンタカーなどは最短で6時間のところが多いのですが、カーシェアリングの場合だと15分や30分など普段のお買い物や送迎などにも使えるのが便利です。
またカーシェアリングの場合には保険料を支払うこともなく、ガソリン代なども基本料金に含まれているので、これも含めて利用料金が安くなるのがメリットです。
またカーシェアリングに関してはネット上で簡単に予約や手続きができるので、柔軟な借り方ができるのも便利です。

カーシェアリングのデメリット

色々とメリットも多いカーシェアリングなのですが、デメリットもあるのは覚えておきましょう。
最近ではカーシェアリングも色々な車種が増えてきましたが、やはり定番の車種のラインナップなどはレンタカーよりも少ない傾向にあります。
特に大型車などの取り扱いはレンタカーの方が便利なので、こちらは長距離の目的や旅行などで利用する方が多いです。
またカーシェアリングの使用上車のメンテナンス状況が一律ではないので、偶然にも清掃状態が良くない車種に当たってしまう可能性もあります。
カーシェアリングは短時間の利用としては安くなっているのですが、反対に長時間の利用となると料金が高くなるのもデメリットとなります。


2019年2月14日

カテゴリー : 自動車

Copyright © 2013-2018 [自動車取得税の123] All Rights Reserved.