自動車を購入した(譲り受けた)際にかかる自動車取得税についてまとめました。 役立つ情報もあるかも?

車買取イメージ
車買取に置いて一括査定サイトを利用し値段の高い場所で車を売却する場合、重要なことは買い取りをする際、そのお店のライバルとなるお店の買取価格や販売価格です。
これは、ネット上でで簡単に入手することができるため、交渉の材料として使用することができます。
交渉のコツとしてはこのデータを知った上で話をする・聞くことです。

中古車販売サイトで販売価格を調べる

カーセンサーやgoo、ガリバーなどのサイトで年式や走行距離など同じ程度の車がどのくらいの価格で販売されているかをあらかじめ調べておくことはとても重要だと思います。
例えば100万円で販売されている車に対して買取価格を30万円と提案してきた場合に自信を持ってその価格では売ることはできないと断ることができ、買取価格アップの交渉材料になります。

カーオークションの落札価格を調べる

全国で開催されているカーオークションというものがあります。
車買取業者はユーザーから買い取った自動車を出品し、それを自店舗で販売したい中古車販売店が落札するのがカーオークションです。
このカーオークションでどのくらいの価格で取引されているかもネットで調べることができます。

実際の交渉

例えば、A社が約50万円で買い取りをしますという場合、B社はどうかというとB社の提示額が55万円である場合差額は5万円です。
この場合A社はプラスで10万円加算してでも購入したい車であれば60万円で買い取りをしますと言ってくるという方法です。
この方法ですと本来車を買い取りたいA社としてはプラスであと10万円払ってでも買いたい車という意味になります。
ここでA社に売ってもよいのですが、一度売却は保留にしてC者にもっていくという手法もとれます。
つまりA社の買取金額をC社に伝えると言う訳です。
そこで交渉に成功した場合、C社に車を売ればいいわけで値上げが見込めないと分かった場合、その車の限界地点はそのお値段ということがわかります。
つまり、どこのお店にもっていってもそれが限界であるということがわかるわけです。

これは交渉方法としては、かなり当たり前の方法ですが、値段の限界点を知る上ではかなり重要なやり方で、ライバルとなるであろう買い取り会社同士の本音を探るということです。
査定サイトにおいてはこの価格を下回る査定を出すことで本来の限界額を言っていない買い取り会社も多いです。
そこであえて、ライバル同士の名前と買取金額票を出しそれを見せて交渉をするということです。

中古車にはおおよその価値がついており、それ以上の金額というものは加算されないです。
要は売れる見込みがない車とか、余っている中古車というものはどんなに頑張っても高く売れないです。
ですが、時間をかけて調べればどんな車でも最低限の価値はわかります。
特に最近では査定サイトを自分の車の価値を見るためだけに利用する人も多いため、特に交渉の際の交渉材料にしている人も多いです。

車売却の交渉のコツは、ライバルとなりえる車買取業者同士の車を買いたいと思っている気持ちをつかみ、どのくらいで購入したいかをきちんと把握することが高値で売却するコツになります。


2019年9月10日

カテゴリー : 自動車

Copyright © 2013-2018 [自動車取得税の123] All Rights Reserved.