自動車を購入した(譲り受けた)際にかかる自動車取得税についてまとめました。 役立つ情報もあるかも?

車の外装維持に欠かせないのといえば洗車です。
自分で手洗いでする方もいればスタンドなのにお願いする方など人それぞれだとは思います。
一番スタンダードな洗車方法といえばやはり洗車機を使った洗車です。
では洗車機のメリットデメリットをみていきたいと思います。

洗車機の1番のメリットといえば低価格で短時間で洗車が出来ることです。
洗車機に主に門型洗車機とドライブスルー型洗車機があります。
門型洗車機は車を機械にセットしてドライバーは外で洗車が終わるまで待ちます。
ドライブスルー型洗車機になると車に乗ったままで洗車をすることが可能です。
どちらも洗車、すすぎ、乾燥を全自動で行いますが、乾燥と言っても基本的にはエアーで水を飛ばすだけです。
スタンドによってはセルフの拭き上げスペースを設置しているところもあるので、そこで各自で拭き取る必要があります。

以前はガソリンスタンドでお願いをして洗車機で洗車を行うのが主流でしたが、最近ではセルフ洗車というものも存在します。
セルフ洗車になるとかなり低価格で洗車をすることが可能です。
女性などでセルフ洗車を利用したいけど使い方がわからない方などは、スタンドのセルフ洗車機などだと従業員の方に尋ねると色々教えてくれます。
また置いてあり機械によってオプションなども指定できるようで今後ますます利用者が増えそうです。

次に洗車機のデメリットを見ていきたいと思います。
デメリットはやはり「小傷」です。
手洗いと違い機械での洗車になるとどうしても小傷が付く場合があります。
傷が付くと言っても最近の洗車機を昔のものと違ってだいぶ性能が良いようで気になるような傷はほとんどできないそうですが、新車や自分の車に愛着がある方などは心配かもしれません。

ガソリンスタンドでの洗車もバリエーションが豊富になってきて、シャンプーのみ機械洗車でワックスなどを別途手洗いで行うコースなど色々オプションがあります。
ぜひ自分の生活スタイルに合った洗車方法を見つけてみてください。


2018年11月30日

カテゴリー : 自動車

Copyright © 2013-2018 [自動車取得税の123] All Rights Reserved.