擦った自動車イメージ

車の運転で、何よりも気をつけなければいけないのは安全です。
しかし、ふとしたきっかけで何かに擦ってしまうということは誰にでも起こりうることです。

後ろにある障害物に目がいかなくてバンパーを擦ってしまったり、狭い駐車場や路地に車をぶつけてしまうという経験をしたという人は珍しくありません。
そのような場合、パニックになってしまったり、ついついそのままにしてしまうという人もいますが、それはいけません。

すぐに警察に連絡

電柱やガードレール、他人の家や自動車などにぶつけてしまった場合は警察に連絡しましょう。
自分で「すこし擦っただけから大丈夫」と決めつけてはいけません。

そのあとで冷静になって事故状況を確認して保険会社やディーラー・自動車修理工場に相談しましょう。
相手がいつ場合は謝罪をすることも必要です。

事故対応ではとにかく警察に連絡をすることが大切です。
当事者だけで解決しようとすると後々トラブルになる可能性が高くなります。
そのあとから保険会社やにしっかりと連絡して修理の手続きなどを行ないましょう。

気になる修理代

自動車を擦ってしまった場合、気になるのが修理代金の問題です。
もちろん、修理の程度によって、その代金は異なりますが、凹みや擦り傷、塗装が剥げてしまった場合には板金加工が必要になりますので自動車修理工場へ持っていきましょう。
ディーラーで板金塗装をお願いすると5万円程、ディーラー以外の自動車修理工場の場合には最低でも3万円はかかると思っていてください。
このときに自分で修理できる場合もあります。
カーショップなどでセルフケア専門の用具も売っているので、それらを駆使しながら自動車が擦った場合、修理を行うという人も多いようです。

自動車保険を使う?

また、保険の話ですが、車両保険を使って修理をしてしまうとその後の保険料が上がってしまい、等級が元通りになるまで数年かかるというのが一般的です。
そのため、場合によっては自腹で修理をした方がお得だということもあります。
もしも不安に感じたらディーラーや修理工場、保険会社に問い合わせて見てしっかりと確認をしてみるようにしましょう。


2021年11月22日

カテゴリー : 自動車税


Copyright © 2013-2020 [自動車ライフ123] All Rights Reserved.