自動車に設置されているナンバープレートの番号は、実は選ぶ事はできます。
WEBで申し込みして番号を申請する事になりますが、その番号にも2つの種類があります。人気が予想される番号は抽選制になるので、注意が必要です。

番号は選ぶ事ができる

そもそもナンバープレートの番号は、勝手に割り振られている訳ではありません。
1999年の5月から、その番号を自分で選べるようになったのです。
ただし全ての自動車が希望ナンバーを取れる訳ではなく、自動車と自家用の軽自動車が対象になります。
なお事業用の軽自動車とバイクは、希望ナンバーは取れません。
それで番号によっては、抽選制になるのです。
例えば1111や7777などの番号は、人気があると見込まれます。
ですから一部の番号は抽選になりますが、それ以外の番号には抽選はありません。

希望ナンバー取得の申し込みの流れ

希望ナンバーを取得する具体的な申し込みの流れですが、まず車検証を準備して、自動車標板協議会のサイトにアクセスします。
サイトにある申し込みボタンをクリックして、新規申し込みというボタンもクリックすると、申し込みに必要な色々な情報を入力するフォームが表示されます。
必要項目に入力して、まずサイトで申し込みを済ませます。
そして協議会に希望ナンバーの料金を支払うのですが、抽選制の場合は、まず抽選結果を待つ必要があります。
結果はメールで送信されてきます。
なお一般希望の番号で申し込みした時は、抽選結果のメールが届きませんから、期限内に交付手数料を支払います。
入金が完了するとメールが届きますから、その本部に書かれている指示に従って、手続きを済ませます。

希望ナンバーの手数料はどれぐらいか

ちなみに希望ナンバーの手数料の具体的な金額ですが、車のタイプとナンバーのタイプによって異なります。
希望ナンバーにはペイント式と字光式があり、後者は光るタイプになりますが、手数料は少々高めです。
中型自動車は、ペイント式は4,000円台になりますが、字光式は5,500円前後です。
そして大型車はペイント式は5,000円前後になり、字光式は6,500円前後になります。

2022年4月22日

カテゴリー : 自動車


レンタカーイメージ

レンタカーには、いくつか注意点があります。
業者によっては年齢の制限がありますし、運転経験が求められる業者もあるのです。年齢によっては、保険に加入できないケースもありますから、注意が必要です。
車を借りる前に、よく条件を確認しておく方が良いでしょう。

21歳未満では保険に加入できない事も

そもそも自動車運転の免許には、年齢制限はあります。
現時点では、18歳以上でないと免許を取れません。
それと同じく、レンタカーの業者としても年齢制限を設定している事もあるのです。
21歳未満の方々は、少々注意を要します。
例えばあるレンタカーの業者の場合は20歳でも車を借りること自体は可能です。
ただその年齢ですと、レンタカーを利用する際の保険に付加できる免責補償制度(事故で発生する自己負担分を保証する制度)の適用を受けることができません。
自動車を借りて利用すると、万が一の交通事故もあり得ます。。
それに備えて、レンタカー業者によっては保険サービスもあるのです。いわゆる保険補償制度です。
ただし補償制度には年齢の条件があって、21歳以上でなければ加入できないケースがあります。
保険には入っていても自己負担が生じる場合が出てきます。

運転経験に関するルール

運転経験も必要な要件です。
そもそも自動車運転の経験は、人それぞれ異なります。
10年以上に渡って車を運転し続けている方もいれば、半年も経過していない方もいるでしょう。
上述の補償制度は、その運転経験にも左右されるのです。
レンタカー業者にもよりますが、免許を取得してから1年未満の場合は前述した免責補償制度を付加することができない場合があります。

また、借りる人だけでなく同乗(借主以外で運転する人)に関する条件もあるのです。
免許を取得してから1年未満の運転手の場合、経験が3年以上ある人物が同乗していない限り、レンタルできない業者もあります。
ですから運転経験も、レンタカー業者の注意点の1つになります。

ただ年齢や運転経験に関するルールは、レンタカーの業者によって異なります。
どのようなルールであるかは、車を借りる前に確認することが必要です。

2021年10月22日

カテゴリー : 自動車


ドライブレコーダーはどんな時に役に立つ?

ドライブレコーダーは現在自動車メーカーで販売されている新車では標準装備されているものはないため、必要かどうかはユーザーが判断することになります。

ドライブレコーダーの一番の目的としては事故にあった際のトラブルを低下させるための装備としてはかなり有力と言えるでしょう。
また、衝突を警戒するための機能を持ったドライブレコーダーも用意されており、予防安全装備の搭載されていない車では特に必要性が高まります。
また、駐車監視機能のついたドライブレコーダーも販売されており、こちらは車上荒らし対策にも役立ちます。

安全以外の機能としてカメラによってドライブシーンを撮影することができる点も魅力で、旅行の思い出などを記録することも可能です。

ドライブレコーダーの価格は?

ドライブレコーダーは必要かを考える際に安全面では欲しいものの、価格などがネックになる面がありますが、近年ドライブレコーダーは低価格となっており、3万円前後でかなり多くのメーカーのものが手に入るようになっている点では非常におすすめと言えるでしょう。
また、自動車メーカーによるアクセサリーオプションのドライブレコーダーに関しても7万円前後で購入できるケースが増えており、自動車メーカーのオプションによるドライブレコーダーでは自動車に設定されたセンサー等による予防安全装備の動作を妨げないというメリットが有り、予防安全装備の搭載されている新車を購入した際はメーカー純正オプションのドライブレコーダーを使用するのがおすすめです。
一方ドライブレコーダーは自動車メーカーの純正が必ず設定されているわけではない面がありますが、各メーカーの量販車種ではほぼ必ず設定されていることから、ある程度ドライブレコーダーの必要性は自動車メーカーでも認識されていると言えるでしょう。
特にモデルチェンジ期間の長い軽トラックなどはまだメーカー純正は設定されていないので軽トラでドライブレコーダーの必要性を考えた際には外部メーカー製のものを装備する必要があります。

2021年10月1日

カテゴリー : 自動車


カーリース

個人向けカーリースは、上手く活用すれば便利なサービスです。
金額面やその他のメリットもありますが、その反面デメリットもあります。
今回は、リースのメリット・デメリットを取り上げていますので、参考にしてみて下さい。

カーリースの主なデメリットは

まずはデメリットから見ていきます。
カーリースは走行距離には気を使う必要があります。
状況によっては、やや高く付いてしまう可能性もあるからです。
というのも個人向けカーリースには、設定距離があります。
指定の距離を超えてしまいますと、違約金がかかってしまうのです。
それとカーリースは、車の状態にも気を使わなければなりません。
もちろん車は最終的には返却する必要がありますが、その際に傷があると違約金が徴収されてしまうのです。もちろん車の改造もできません。

カーリースの主なメリットは

次にカーリースのメリットを見ていきます。
基本的には車検が不要です。
マイカーに乗っているなら、定期的に車検を受ける必要があります。うっかり点検を忘れている方も、少なくありません。
しかしカーリースであれば、点検の時期が近づくと通知してくれるので、うっかり忘れてしまう事もありません。
車検費やメンテナンス料はカーリースのレンタル料金に含まれていることがほとんどです。
また車を比較的簡単に乗り換えられるメリットもあります。
マイカーですと、自分が持っていた車を一旦売らなければありません。
下取りの手続きも面倒です。
その点カーリースなら、車を貸してくれている業者に連絡するだけで、簡単に乗り換えることができます。
またカーリースは、月々の支払いが一定額に収まります。
賃貸住宅の家賃は、ほぼ毎月同じ金額を支払うでしょう。
支出は安定しているのです。
マイカーを持っていると、思わぬ出費で困ってしまう事もありますが、カーリースは月額が安定しているので安心です。
それとカーリースなら、頭金は不要です。
マイカーをローンで買うなら頭金を準備する事もありますが、カーリースなら最初にまとまった費用を用意する必要もありません。

2021年8月19日

カテゴリー : 自動車


レッカー車

車を所有するなら加入しておきたいのがロードサービスです。
何かトラブルがあったときでも電話1本で駆けつけてくれるため、安心して車を運転できます。そんなロードサービスですが、自動車保険に付帯しているものと、JAFが提供しているサービスがあります。

自動車を購入するときは東京海上やソニー損保など任意の自動車保険に入るのが一般的です。
任意自動車保険にはロードサービスは自動的についてきます。
それなら、JAFに加入しなくてもいいのではと考えてしまいます。
そんな疑問を解決するために、自動車保険のロードサービスとJAFの提供しているロードサービスを比較してみましょう。

JAFのロードサービス

JAFのロードサービスですが、会員になるとキー閉じ込みやバッテリー上がり、バンク時のスペアタイヤ交換、落輪引き揚げ作業は無料でしてもらえます。
しかも、これらのサービスには回数制限がありません。
それに、JAFの会員なら他の方が運転している車に同乗している場合にもサービスを同じように利用できます。
このほか、会員証を見せるとグルメやショッピング温泉テーマパークなどの優待を受けられる場合もあります。

自動車保険についているロードサービス

自動車保険のロードサービスはどうかというと、チューリッヒを例に挙げてみましょう。
チューリッヒのロードサービスではJAFでは有料となるオイルの補充時のオイル代、冷却水の補充時の冷却水代、灯火類バルブ交換のバルブ代が無料になっています。
落輪引き揚げサービスも例外はありますが、無料で受けられます。

JAFと自動車保険についているロードサービス

レッカーけん引距離を比較すると、JAFは15キロに対してチューリッヒでは100キロ以内は無料です。
くわえて、レッカーけん引を依頼時にかかる修理後の自動車搬送費用、レンタカー代、宿泊施設の利用料などの補償も受けられます。
ただし、キー閉じ込みとバッテリー上がりを無料でお願いできるのは1回だけになっています。
それに、自動車保険のロードサービスは契約している車両以外は受けられません。

結局のところ、どうすればいい?

自動車保険のロードサービスとJAFのロードサービスにはあります。
この違いから考えて、普段あまり自動車に乗る機会がないといった方は、自動車保険のロードサービスで十分かもしれません。
運転する機会が少ないので、トラブルにあうことも少ないでしょう。

頻繁に自動車に乗り、遠距離を移動するといった方はJAFと自動車保険のロードサービスの併用をおすすめします。
自動車保険のロードサービスには1回のみ無料のものもあるので、備えあれば患いなしということで、金銭的に余裕があればJAFに加入しておくのがいいでしょう。

2021年8月11日

カテゴリー : 自動車


事故イメージ

そもそもカーリースとは?

カーリースのメリットは、車検や自動車税などの諸費用が含まれているので、運用がしやすいことにあります。
新しい車にどんどん乗り換えたいアクティブ派の人にも、ぜひお勧めしたいサービス体系です。

その一方で普通に自動車を保有する場合と比べて、違う対応をしなければならないこともあります。
たとえば、リースで使っている車で事故をした場合です。
急な事故はただでさえ焦ってしまいますが、リースによる車の場合さらに困ってしまいますよね。
ここではその対処法について、簡潔にご紹介します。

事故後にまず行うべきことと注意点

ひとまず車を安全な場所に移動させ、そこから携帯電話等で警察や保険会社、そしてリース会社に連絡を入れましょう。
事故を起こし、車を破損させてしまった場合の修理費用は基本的に利用者が負担しなければなりません。
ガラスにひびが入ったり、車体に軽い傷やへこみが発生したという程度であれば、修理費用を支払えばリース契約自体に影響は出ないと考えて良いでしょう。
修理ができないほどのダメージがあった場合、つまり全損であれば話は少し異なります。
規約にもよりますが、リース会社から契約を途中解除されてしまうケースが多いようです。
こうなると解約金や違約金も発生してしまうので、注意が必要です。

保険に入ることをおススメします

このような事態を防ぐために、自動車保険に入っておくことを強くおススメします。
自賠責保険だけでは賄いきれない金額を保障してもらえます。
車両保険にも加入しておけば対人・対物賠償だけでなく、車体を修理したり弁償したりする費用も含まれます。
保険だけですべての費用をカバーできるかどうかは、ケースバイケースですがそれでも入っておくことに越したことはありません。

安全運転を心がけましょう

不慮の事故は誰だって望んでいないはずです。
安全運転をするのは当たり前ですが、万が一のときに備えて自動車保険に入っておくことが大切です。

2020年10月20日

カテゴリー : 自動車


車買取イメージ

車買取に置いて一括査定サイトを利用し値段の高い場所で車を売却する場合、重要なことは買い取りをする際、そのお店のライバルとなるお店の買取価格や販売価格です。
これは、ネット上でで簡単に入手することができるため、交渉の材料として使用することができます。
交渉のコツとしてはこのデータを知った上で話をする・聞くことです。

中古車販売サイトで販売価格を調べる

カーセンサーやgoo、ガリバーなどのサイトで年式や走行距離など同じ程度の車がどのくらいの価格で販売されているかをあらかじめ調べておくことはとても重要だと思います。
例えば100万円で販売されている車に対して買取価格を30万円と提案してきた場合に自信を持ってその価格では売ることはできないと断ることができ、買取価格アップの交渉材料になります。

カーオークションの落札価格を調べる

全国で開催されているカーオークションというものがあります。
車買取業者はユーザーから買い取った自動車を出品し、それを自店舗で販売したい中古車販売店が落札するのがカーオークションです。
このカーオークションでどのくらいの価格で取引されているかもネットで調べることができます。

実際の交渉

例えば、A社が約50万円で買い取りをしますという場合、B社はどうかというとB社の提示額が55万円である場合差額は5万円です。
この場合A社はプラスで10万円加算してでも購入したい車であれば60万円で買い取りをしますと言ってくるという方法です。
この方法ですと本来車を買い取りたいA社としてはプラスであと10万円払ってでも買いたい車という意味になります。
ここでA社に売ってもよいのですが、一度売却は保留にしてC者にもっていくという手法もとれます。
つまりA社の買取金額をC社に伝えると言う訳です。
そこで交渉に成功した場合、C社に車を売ればいいわけで値上げが見込めないと分かった場合、その車の限界地点はそのお値段ということがわかります。
つまり、どこのお店にもっていってもそれが限界であるということがわかるわけです。

これは交渉方法としては、かなり当たり前の方法ですが、値段の限界点を知る上ではかなり重要なやり方で、ライバルとなるであろう買い取り会社同士の本音を探るということです。
査定サイトにおいてはこの価格を下回る査定を出すことで本来の限界額を言っていない買い取り会社も多いです。
そこであえて、ライバル同士の名前と買取金額票を出しそれを見せて交渉をするということです。

中古車にはおおよその価値がついており、それ以上の金額というものは加算されないです。
要は売れる見込みがない車とか、余っている中古車というものはどんなに頑張っても高く売れないです。
ですが、時間をかけて調べればどんな車でも最低限の価値はわかります。
特に最近では査定サイトを自分の車の価値を見るためだけに利用する人も多いため、特に交渉の際の交渉材料にしている人も多いです。

車売却の交渉のコツは、ライバルとなりえる車買取業者同士の車を買いたいと思っている気持ちをつかみ、どのくらいで購入したいかをきちんと把握することが高値で売却するコツになります。

2019年9月10日

カテゴリー : 自動車


車検イメージ

車検は車を安心して運転するために必要不可欠で、信用できることを確かめて依頼したいものです。
車はエンジンなど様々な部位があり、走行距離が長くなれば摩耗しやすく定期的に点検する必要があります。
車検はディーラーや車検専門店などで行い、購入時に指定された期限までに済ませないと公道を走れないため計画的に運転することが大事です。
検査のタイミングは新車であれば登録から3年目ですが、頻繁に運転する場合はパーツや部品の劣化や消耗などがあり前倒しにしないとエンジンなどのトラブルが起きる場合もあります。

自動車ディーラーでの車検

ここでのディーラーはトヨタや日産・ホンダなど自動車メーカーの販売店のことを指します。
ディーラー車検は車に関する知識が豊富で安心感や信頼性が高く、車特有の部品の消耗などを見分けてアドバイスをしてくれることが魅力です。
逆にデメリットはコストが高くなり検査にかかる時間が長くなります。
基本的に質が高い整備をしてくれることが魅力ですが、緊急の場合に対応できないことや費用が割高になることが特徴です。

車検専門業者やカー用品店での車検

車検専門店はコバックなどがあり、カーコンビニ倶楽部の修理を取り扱うショップもここに分類してもよいと思います。
カー用品店はオートバックスやイエローハットなどで車検や整備も取り扱っています。

車検専門店はディーラーのように販売中心でなく点検や整備に特化し、作業や部品調達の効率を高めて良心的な価格を実現しています。
料金設定を明確にすることや取扱うメーカーや車種も多く、検査のスピードにも定評があることがメリットです。
逆にデメリットは検査を専門とするため予防的な部品の交換を積極的に行わず、整備の質にバラツキがあります。

まとめ

車検は車を安心して運転するために必要不可欠で、それぞれのメリットやデメリットを確かめて依頼することが大事です。
依頼するタイミングは購入時に指定された期限までにするように伝えられますが、基本的に走行距離に応じて決めないとエンジントラブルが起きやすくなります。
車の検査は異常がないか確かめるために行い、早期発見をすればすみやかに対処できて出費を減らせて便利です。
車検はただ単にかかる費用を安くすることだけでなく、安心して運転できる状況になるよう信頼や実績があることを確かめて決める必要があります。

2019年7月1日

カテゴリー : 自動車


トヨタ自動車がこのビジネスに参入することを表明しました。
トヨタが始める「KINTO 」というこのサービスはサブスクリプション型のビジネスモデルといわれており、今後どんどん増えていくといわれています。
サブスクリプションとは所有するのではなく、期限を決めて料金を支払い商品を使うサービスのことを指しています。

トヨタが始めるKINTOは「KINTO ONE」と「KINTO SELECT」の2つのサービスが用意されています。
ONEは「プリウス」、「カローラスポーツ」、「クラウン」、「ヴェルファイア」、「アルファード」の中から1台を選び、これを3年間乗り続けるというサービスです。
例えばプリウスでは46,100~円/月、クラウンでは90,000~円/月で車検代や自動車保険料、点検費用などのすべてのサービスを受けることができます。
ユーザーが出すのは駐車場代や燃料代のみということになります。
また3年後にはその車を自分の名義に変更することも可能です。

また、SELECTは レクサスの新車を6ヶ月毎に乗り換えるサービスです。
RX、ES、RC、NX、IS、UXのハイブリッドモデルを乗り換えていくことができる夢のようなサービスです。
こちらは6ヶ月毎に契約を更新していく契約形態ですので、車が気に入れば購入することも可能です。
料金は190,000円/月と高めですが、富裕層にとってはとても割高ということはないと思います。

車を所有すると自動車保険料や車検代、点検費用など様々な費用が必要になり結構面倒です。
しかしKINTOならこうした費用がすべてパッケージになっていますので、気軽に車を所有することができるというメリットがあります。
このサービスは当面は東京都内だけのサービスとなっており、今後全国各地に広がっているようです。

2019年4月16日

カテゴリー : 自動車


車は何かと便利な移動手段として人気ですが、最近の傾向だと自己保有だけではなく様々な車のレンタルサービスがあり活用できます。
この車のレンタルサービスですが一般的なものとしてまずレンタカーが挙げられるでしょう。
しかし最近ではカーシェアリング形式のものも増えてきており、利用の際には色々なメリットがあるのでこちらもおすすめです。

カーシェアリングのメリット

カーシェアリングの方式には色々なものがあるのですが、大体が月会費を支払う仕組みになっています。
この月会費はレンタカーサービスでは不要なことが多いのですが、その分カーシェアリングでは時間あたりの料金が安くなっているのが最大のメリットでしょう。
これに加えてカーシェアリングは短時間での利用も可能なので、レンタカーよりも柔軟に車を借りることができます。
レンタカーなどは最短で6時間のところが多いのですが、カーシェアリングの場合だと15分や30分など普段のお買い物や送迎などにも使えるのが便利です。
またカーシェアリングの場合には保険料を支払うこともなく、ガソリン代なども基本料金に含まれているので、これも含めて利用料金が安くなるのがメリットです。
またカーシェアリングに関してはネット上で簡単に予約や手続きができるので、柔軟な借り方ができるのも便利です。

カーシェアリングのデメリット

色々とメリットも多いカーシェアリングなのですが、デメリットもあるのは覚えておきましょう。
最近ではカーシェアリングも色々な車種が増えてきましたが、やはり定番の車種のラインナップなどはレンタカーよりも少ない傾向にあります。
特に大型車などの取り扱いはレンタカーの方が便利なので、こちらは長距離の目的や旅行などで利用する方が多いです。
またカーシェアリングの使用上車のメンテナンス状況が一律ではないので、偶然にも清掃状態が良くない車種に当たってしまう可能性もあります。
カーシェアリングは短時間の利用としては安くなっているのですが、反対に長時間の利用となると料金が高くなるのもデメリットとなります。

2019年2月14日

カテゴリー : 自動車



Copyright © 2013-2020 [自動車ライフ123] All Rights Reserved.