自動車に設置されているナンバープレートの番号は、実は選ぶ事はできます。
WEBで申し込みして番号を申請する事になりますが、その番号にも2つの種類があります。人気が予想される番号は抽選制になるので、注意が必要です。

番号は選ぶ事ができる

そもそもナンバープレートの番号は、勝手に割り振られている訳ではありません。
1999年の5月から、その番号を自分で選べるようになったのです。
ただし全ての自動車が希望ナンバーを取れる訳ではなく、自動車と自家用の軽自動車が対象になります。
なお事業用の軽自動車とバイクは、希望ナンバーは取れません。
それで番号によっては、抽選制になるのです。
例えば1111や7777などの番号は、人気があると見込まれます。
ですから一部の番号は抽選になりますが、それ以外の番号には抽選はありません。

希望ナンバー取得の申し込みの流れ

希望ナンバーを取得する具体的な申し込みの流れですが、まず車検証を準備して、自動車標板協議会のサイトにアクセスします。
サイトにある申し込みボタンをクリックして、新規申し込みというボタンもクリックすると、申し込みに必要な色々な情報を入力するフォームが表示されます。
必要項目に入力して、まずサイトで申し込みを済ませます。
そして協議会に希望ナンバーの料金を支払うのですが、抽選制の場合は、まず抽選結果を待つ必要があります。
結果はメールで送信されてきます。
なお一般希望の番号で申し込みした時は、抽選結果のメールが届きませんから、期限内に交付手数料を支払います。
入金が完了するとメールが届きますから、その本部に書かれている指示に従って、手続きを済ませます。

希望ナンバーの手数料はどれぐらいか

ちなみに希望ナンバーの手数料の具体的な金額ですが、車のタイプとナンバーのタイプによって異なります。
希望ナンバーにはペイント式と字光式があり、後者は光るタイプになりますが、手数料は少々高めです。
中型自動車は、ペイント式は4,000円台になりますが、字光式は5,500円前後です。
そして大型車はペイント式は5,000円前後になり、字光式は6,500円前後になります。


2022年4月22日

カテゴリー : 自動車


Copyright © 2013-2020 [自動車ライフ123] All Rights Reserved.