レンタカーイメージ

レンタカーには、いくつか注意点があります。
業者によっては年齢の制限がありますし、運転経験が求められる業者もあるのです。年齢によっては、保険に加入できないケースもありますから、注意が必要です。
車を借りる前に、よく条件を確認しておく方が良いでしょう。

21歳未満では保険に加入できない事も

そもそも自動車運転の免許には、年齢制限はあります。
現時点では、18歳以上でないと免許を取れません。
それと同じく、レンタカーの業者としても年齢制限を設定している事もあるのです。
21歳未満の方々は、少々注意を要します。
例えばあるレンタカーの業者の場合は20歳でも車を借りること自体は可能です。
ただその年齢ですと、レンタカーを利用する際の保険に付加できる免責補償制度(事故で発生する自己負担分を保証する制度)の適用を受けることができません。
自動車を借りて利用すると、万が一の交通事故もあり得ます。。
それに備えて、レンタカー業者によっては保険サービスもあるのです。いわゆる保険補償制度です。
ただし補償制度には年齢の条件があって、21歳以上でなければ加入できないケースがあります。
保険には入っていても自己負担が生じる場合が出てきます。

運転経験に関するルール

運転経験も必要な要件です。
そもそも自動車運転の経験は、人それぞれ異なります。
10年以上に渡って車を運転し続けている方もいれば、半年も経過していない方もいるでしょう。
上述の補償制度は、その運転経験にも左右されるのです。
レンタカー業者にもよりますが、免許を取得してから1年未満の場合は前述した免責補償制度を付加することができない場合があります。

また、借りる人だけでなく同乗(借主以外で運転する人)に関する条件もあるのです。
免許を取得してから1年未満の運転手の場合、経験が3年以上ある人物が同乗していない限り、レンタルできない業者もあります。
ですから運転経験も、レンタカー業者の注意点の1つになります。

ただ年齢や運転経験に関するルールは、レンタカーの業者によって異なります。
どのようなルールであるかは、車を借りる前に確認することが必要です。


2021年10月22日

カテゴリー : 自動車


Copyright © 2013-2020 [自動車ライフ123] All Rights Reserved.