レッカー車

車を所有するなら加入しておきたいのがロードサービスです。
何かトラブルがあったときでも電話1本で駆けつけてくれるため、安心して車を運転できます。そんなロードサービスですが、自動車保険に付帯しているものと、JAFが提供しているサービスがあります。

自動車を購入するときは東京海上やソニー損保など任意の自動車保険に入るのが一般的です。
任意自動車保険にはロードサービスは自動的についてきます。
それなら、JAFに加入しなくてもいいのではと考えてしまいます。
そんな疑問を解決するために、自動車保険のロードサービスとJAFの提供しているロードサービスを比較してみましょう。

JAFのロードサービス

JAFのロードサービスですが、会員になるとキー閉じ込みやバッテリー上がり、バンク時のスペアタイヤ交換、落輪引き揚げ作業は無料でしてもらえます。
しかも、これらのサービスには回数制限がありません。
それに、JAFの会員なら他の方が運転している車に同乗している場合にもサービスを同じように利用できます。
このほか、会員証を見せるとグルメやショッピング温泉テーマパークなどの優待を受けられる場合もあります。

自動車保険についているロードサービス

自動車保険のロードサービスはどうかというと、チューリッヒを例に挙げてみましょう。
チューリッヒのロードサービスではJAFでは有料となるオイルの補充時のオイル代、冷却水の補充時の冷却水代、灯火類バルブ交換のバルブ代が無料になっています。
落輪引き揚げサービスも例外はありますが、無料で受けられます。

JAFと自動車保険についているロードサービス

レッカーけん引距離を比較すると、JAFは15キロに対してチューリッヒでは100キロ以内は無料です。
くわえて、レッカーけん引を依頼時にかかる修理後の自動車搬送費用、レンタカー代、宿泊施設の利用料などの補償も受けられます。
ただし、キー閉じ込みとバッテリー上がりを無料でお願いできるのは1回だけになっています。
それに、自動車保険のロードサービスは契約している車両以外は受けられません。

結局のところ、どうすればいい?

自動車保険のロードサービスとJAFのロードサービスにはあります。
この違いから考えて、普段あまり自動車に乗る機会がないといった方は、自動車保険のロードサービスで十分かもしれません。
運転する機会が少ないので、トラブルにあうことも少ないでしょう。

頻繁に自動車に乗り、遠距離を移動するといった方はJAFと自動車保険のロードサービスの併用をおすすめします。
自動車保険のロードサービスには1回のみ無料のものもあるので、備えあれば患いなしということで、金銭的に余裕があればJAFに加入しておくのがいいでしょう。


2021年8月11日

カテゴリー : 自動車


Copyright © 2013-2020 [自動車ライフ123] All Rights Reserved.